イチョウ葉 サプリ

イチョウ葉サプリ人気ランキング ※ 今月の1位はあのサプリメントです!
イチョウ葉サプリ人気ランキング ※ 今月の1位はあのサプリメントです!

先に人気のイチョウ葉サプリを知りたい方は、「2. イチョウ葉サプリ人気ランキング」へ移動してください。

目次

1. イチョウ葉サプリの選び方

2. イチョウ葉サプリおすすめランキング

1位

健康家族 イチョウリーフ

健康家族 イチョウリーフ
メーカー健康家族
価格3,348円(定期3,013円)
1日分約108円(約97円)
タイプソフトカプセル
内容量31粒 / 31日分
キャンペーン有(初回特別割引)

ひらめきや集中力に働く青魚のDHAも配合!

体の巡りに働くイチョウ葉エキスに青魚のDHA、必須脂肪酸のα-リノレン酸を含むアマニ油、シソ油、ビタミンEを配合しています。
DHAなどの必須脂肪酸とイチョウ葉の成分はサラサラや、記憶や集中力を司る、情報伝達の働きを助ける成分。

集中力の低下が気になる人、仕事や勉強の効率をアップさせたい人に人気のサプリです。

2位

DHC イチョウ葉 脳内α

DHC イチョウ葉 脳内α
メーカーDHC
価格874円(定期830円)
1日分約29円(約27円)
タイプタブレット
内容量90粒 / 30日分
キャンペーン

1日29円で始めやすい!

イチョウ葉から抽出される成分のフラボノイド配糖体やテルペンラクトンは、血流や認知機能への有効性が数多く報告されています。
言葉や物のイメージ・体験を覚え、思い出す能力に不安を感じ始めた方の記憶力や判断力をサポートします。

機能性表示食品でありながら1日29円と、始めやすく続けやすいサプリメントです。

3位

ファンケル いちょう葉

ファンケル いちょう葉
メーカーファンケル
価格1,026円(定期923円)
1日分約34円(約30円)
タイプタブレット
内容量60粒 / 30日分
キャンペーン

10種類のフラボノイド!

10種類のフラボノイドとテルペンラクトンを含むイチョウ葉エキスを配合。
めぐりやうっかりにもサポートしてくれるサプリメントです。

4位

サントリー イチョウ葉

サントリー イチョウ葉
メーカーサントリー
価格4,800円+税(定期4,320円+税)
1日分約160円+税(約144円+税)
タイプソフトカプセル
内容量90粒 / 30日分
キャンペーン

記憶に役立つイチョウ葉の成分を全身に!

特有成分のフラボノイドやギンコライドを含むイチョウ葉エキスに相性抜群のアスタキサンチンを配合。
アンチエイジングに働くアスタキサンチンが体の巡りや考えるチカラ・記憶に役立つイチョウ葉の成分を全身に送り届けてくれます。

エネルギー生成や免疫力に働くビタミンもプラスし、だるさなどを感じる体もサポートしてくれます。

5位

わかさ生活 さらさら美流

わかさ生活 さらさら美流
メーカーわかさ生活
価格1,880円(定期1,620円)
1日分約60円(約52円)
タイプソフトカプセル
内容量62粒 / 31日分
キャンペーン

全身ぽかぽかをサポート!

イチョウ葉エキスに相性の良いトマトの健康成分リコピン、みかん由来のヘスペリジンを配合しています。
体のすみずみにまで巡る3つの成分が若々しさや、頭の回転に必要なスムーズなめぐりをサポート。

青魚のサラサラ成分のEPAや必須脂肪酸もプラスされ、コリ、冷えにもアプローチしてくれます。

3. 購入前に知っておきたいイチョウ葉エキスについて

3-1. イチョウ葉エキスの効果

イチョウ葉エキスとは、乾燥させた銀杏をアルコールを使って抽出したものです。
抽出したエキスの中には、フラボノイドやギンコライドと呼ばれるポリフェノールの一種が含まれており様々な効果を期待することができます。

イチョウ葉エキスに含まれているギンコライドは、物事への集中力や記憶力を高める効果が期待できるのが大きな特徴です。
ギンコライドには脳の中を流れる血管の流れを促進する働きがあるので、認知症を予防する効果を期待することもできます。
炎症を起こす物質の働きを抑える作用もあるため、手や足に感じる痛みやしびれなどを緩和する働きを期待できるのも効果の一つです。

ギンコライドには炎症や気管支が収縮することなどを抑える働きがあるので、アレルギー性鼻炎などを抑制するする効果が期待できるのも大きな特徴です。
抗酸化作用が高いポリフェノールを含んで切るため、血管や臓器などの細胞の老化を防ぐことを期待できるのもイチョウ葉エキスの効果の一つです。

イチョウ葉エキスには、セロトニンの分泌を促進させる働きも期待することができます。
そのため、女性特有の頭痛や下腹部などの痛みなどの月経前症候群を緩和する働きも、イチョウ葉エキスに期待できる効果です。

イチョウ葉由来フラボノイド配糖体

イチョウ葉には、フラボノイド配糖体という成分が含まれています。
このフラボノイド配糖体には脳に増えてしまっている活性酸素を減らしてくれる効果が期待できます。
脳内の活性酸素が減ることによって、物忘れや物覚えが悪くなるといった機能の改善につながることが期待できるのです。

さらにフラボノイド配糖体には血液の流れをよくするという効果があります。
血液にしっかりと酸素と栄養が行き届き、活性酸素が少なくなることで、脳の能力を向上させ、記憶力や行動するときの判断など、脳の若返り効果があるとされています。

イチョウ葉由来テルペンラクトン

イチョウ葉には、テルペンラクトンという成分が含まれています。
このテルペンラクトンは体内で過剰に作られた活性酸素が脳に悪影響を与えることを防いでくれます。
その結果、脳内血管の血流量がアップして、脳の認知機能や記憶力を高める効果を得ることができるのです。

平均寿命が延びていても、長い一生を健康的に過ごせるかどうかはまた別問題です。
せっかく健康体であっても、記憶力や脳の働きが低下してしまったせいで、物覚えが悪くなってしまっては生活面で不便に感じることが増えてしまいます。
新しい有効成分が発見されるたびに本当にそれが効果的なのか半信半疑になる人もいるかもしれません。
でも、テルペンラクトンは臨床実験を行ったうえで、図形の位置や順番の覚え方を確かめるテストをした結果、一定の効果があると判断するのに十分なデータを得ています。

3-2. イチョウ葉エキスの1日の摂取量

3-3. イチョウ葉エキスの副作用

イチョウ葉エキスは自然由来のものであるため、1日の摂取量の限界値240mg以下であれば、副作用は出にくいと言われています。
しかし、それ以上に大量に摂取したり、無理に使用したりした場合には軽い胃のむかつきや頭痛、めまいや動悸、吐き気や出血が止まりにくくなるなどの報告がされています。

また、イチョウ葉に含まれるギンコール酸はアレルギー物質のひとつで、適切な除去が行われていない製品だと皮膚炎や腹痛などのアレルギー症状を引き起こす可能性があるのです。
そのため、除去されていることが明記されている製品をなるべく選ぶことが好ましいです。

妊婦や授乳中の女性だとイチョウ葉エキスの副作用もさらに注意する必要があります。
ホルモンへの影響や分娩の誘発の可能性が指摘されており、前述したように出血が止まりにくくなる懸念もあるため妊娠中の方にとっては気をつけなければいけません。
授乳中に関するデータも、まだ十分だとは言えないため使用を控えた方が賢明です。

抗血液凝固薬や抗血小板薬などを服用している方は、イチョウ葉エキスの作用と合わさって出血しやすくなる可能性があります。
その他の薬についても飲み合わせには十分に注意する必要がありますので、かかりつけの医師や薬剤師に確認することが大切です。